事業内容
【次のページへ→】
■ 健診(検診)事業
集 団 検 診
 結核検診 
胸部X線デジタル撮影 胸部のX線デジタル撮影を行います。
ポータブル検診 立位の状態でX線撮影を受けることができない方への検診
喀痰検査 結核菌がいないかどうか調べます。
 特定健康診査 
尿検査 蛋白・糖・潜血の項目を検査します。泌尿器の状態を知る検査です。
計測 身長・体重・BMIを知ることで肥満の状態を調べることができます。
血圧・
上腕で血圧を測定します。
採血検査
貧血検査
肝機能・脂質・糖・腎機能・尿酸の検査ができます。
必要な方は貧血検査を行います。
心電図検査 必要な方に安静時の心電図を測ります。
眼底検査 高血圧性による血管の変化の状態を知る為、必要な方にデジタル眼底カメラによる検査を行います。
診察 視診・触診・聴打診を実施します。

 肝炎ウイルス検査
肝臓がん死亡率が高い佐賀県で、早くから独自に行われてきた検診。B型肝炎、C型肝炎のウィルス検査や血液による肝機能検査を30歳から行います。

■ 各種がん検診 
胃がん検診 バリウムと発泡剤を飲み、胃部のX線デジタル撮影を行います。
肺がん検診 肺のX線撮影を行います。ハイリスクの方については喀痰検査を行います。
6ヵ月以内に血痰があった方については、検診を受けずに医療機関を受診しましょう。
子宮頚がん検診 子宮頸部の細胞診を採取します。対象者は20歳以上です。当日、生理中の場合は検診を受けることが出来ません。また、閉経後の不正出血がある場合は、検診を受けずに医療機関を受診しましょう。
乳がん検診 マンモグラフィー(X線)による検査を行います。マンモグラフィは視触診では発見されにくい微小な乳がんを発見できます。
大腸がん検診 便潜血検査で出血をチェックします。自宅で採便容器に少量の便を採り、提出します。検査前に食事の制限は必要ありません。
前立腺がん検診 採血法出血液中のPSAの値を測ります。前立腺がん検診は今後最も増加するがんの一つで、検診によるがん発見率が高いと予想されます。

 骨粗鬆症検診 
原則、左腕の橈骨を、エックス線により測定します。人生で一番骨量が高い30歳頃に一度は検査を受け、その後の食事や運動など生活に生かしましょう。特に女性は閉経後に骨量が急激に下がりがちなので、その頃には定期的に検診を受けましょう。その後の骨量変化を把握する為にも定期的に検診をうけましょう。
歯周疾患健診 
歯肉炎、歯周炎などの判定を行う。高齢になっても自分の歯を十分に持ち、食べる楽しみを味わえるように、若いうちから健診を受けて歯の喪失を防ぐための健診。
事業所検診 
一般健康診断 事業主が労働環境に対応した健康管理ができるように、また病気の早期発見と継続的な健康管理のため、労働安全衛生法に定められたように健康診断を実施します。
・雇入時の健康診断
・定期健康診断
特殊健康診断 ・じん肺健康診断(法で決められた粉塵作業に現在従事している、または従事した方に対して就業時・定期・定期外・離職時に実施。)

・有機溶剤健康診断(法令で定められた有機溶剤業務に従事する方に対して、雇入れの際・配置換えの際・その後6月以内毎に1回定期に実施。)

・鉛健康診断(法令で定められた有機溶剤業務に従事する方に対して、雇入れの際・配置換えの際・その後6月以内毎に1回定期に実施。)
※その他の特殊健診についてはご相談ください。
行政指導による
健康診断
・VDT作業健康診断(VDT作業に常時従事する方について配置前及び定期に健診を実施。)
※その他の行政指導による健康診断についてはご相談ください。
 寄生虫検査 
学童低学年及び幼稚園児・保育園児、家族に対してぎょう虫検査実施。
 血液型検査 
ABO式とRh式の検査をします。
 アスベスト健康診断H17年12月更新
    ★詳細についてはコチラをクリックして下さい!

● 外 来 健 診
一般健康診断及び各種がん検診等実施しています。

【次のページへ→】